タグ アーカイブ: Rockerverb100 MKII

あらゆるジャンルの音楽の中で、カントリーは例外的な存在です。

大陸からの移民によって形成されたカントリーミュージックは、世界中の音楽と文化が混ざり合った苦難と苦悩の結晶である。 その前身である「ルーツ」は、さまざまな音楽スタイルを生み出し、その後、何度も分裂と再結合を繰り返してきた。

クラウディア・ホイザー
Claudia HoyserがOrangeRocker 15をプレイ。

この音楽は実験の上に成り立っていて、100万分の1の偶然が頻繁に起こるようなものです。 かつて開拓者たちが行ったように、新たな未踏の地へと方向を変えていくのです。

キャッシュからストレッチへ

ジョニー・キャッシュ以前にも多くのカントリーの名手がいたが、50年代のアンプリファイド・ギターによるロカビリー・サウンドは、カントリー・ミュージックの進化を決定づけた瞬間だった。 ルーサー・パーキンス(Luther Perkins)は、このジャンルを定義する彼の特徴的な「ブーム・チカ・ブーム」サウンドで、「黒衣の男を支えるオリジナル人物」として大きな役割を担った。

パーキンズの演奏スタイルは、機材の不具合で手のひらで弦を湿らせるしかなかったところから、偶然生まれたと言われている。 ヒット曲「Fulsom Prison Blues」に出てくる機関車のストンプを考えてみよう。 そのためには、音色のニュアンスを引き出すための技術と機材が必要です。

オールドフェイスフルの現代的なアレンジ

その Orange TremLord30は、プレイヤーのニーズを慎重に考慮し、カントリートーンの黄金期を再現するコンパクトな30Wオールバルブコンボを提供します。 中音域にブリティッシュ・キャラクターを加えるクラシックなEL84真空管を搭載し、Orangeツイストのスイートなサウンドを奏でるアンプです。

Orange TremLord30 アンプリファー

このアンプの特徴は、カスタムメイドのLavoce 1×12 “スピーカーが、よりスムーズなトップエンドと、アンプが壊れ始める前のヘッドルームを提供していることです。 当時の繊細で広々としたボイシングを忠実に再現し、レスポンスの良さを求めるプレイヤーに最適な一本です。

雄弁なクリーン・トーンは、ヴィンテージ・クラスににじみ出るチューブ駆動の2スプリング・リバーブ・タンクのクラッシュとスプラッシュによって、儀礼的に打ちのめされることが可能です。 ディレイやコンプレッションを加えて本格的なサウンドを楽しみたい場合は、ローインピーダンス12AT7真空管駆動のFXループを使えば、音色を犠牲にすることなく柔軟に対応することができます。 Tremlord 30は、小音量でも1Wまで切り替えられる設計になっており、親密な空間にも最適です。

ベーカーズフィールド・サウンド

親密な空間といえば、1959年にサン・クエンティン州立刑務所でジョニー・キャッシュの演奏を見たメアリー・ハガードが、カントリーミュージックの世界に天職を求めるきっかけとなったのもこの頃だ。 カントリーミュージックで言えば、ハガードはパンクロックにおけるジョー・ストラマーのような存在であり、プロデューサーに支配され、メインストリームの電波を塞いでしまった音楽とは対照的な存在だった。

その音楽はベーカーズフィールド・サウンドと呼ばれ、その余韻はアメリカの音楽に深く刻まれ、グレイトフル・デッド、クレデンス・クリアウォーター・リバイバル、フライング・ブリトー・ブラザーズといったアーティストに影響を与えた。 これらのアーティストはサザン・ロック・ムーブメントに影響を与え、70年代のピーク時には、ギタリストはオールチューブのブリティッシュアンプの唸りを求めるようになりました。

Orange AD30All-Valve Amplifier

フラッグシップ Orange AD30クラシックなカントリーサウンドと、オールバルブアンプの全盛期を彷彿とさせるブリティッシュサウンドの中間的な存在として理想的なモデルです。 バランスの取れた自然なコンプレッションは、カントリーピッキングに最適なオールラウンダーアンプです。 さらに熱を加えたい場合は、ボトムエンドを強調しながらも、よりアタック感のあるフルボディーなトーンを実現する2チャンネルを使用します。

分断された国

渓谷の片側には、ガラス質の地層が不気味にそびえ立ち、その急成長は成功と過剰の模範となっている。 その下には、隣の巨大な崖の影に隠れて、渓谷の上に突き出た硬質な崖っぷちがある。

トラッドやポップカントリーのギタリストは、通常、アメリカの象徴的な6V6真空管を搭載したアンプのオープンでガラスのようなチャイムを選ぶのです。 よく踏まれた道です。

Tim Montana and The Shrednecksのようなアーティストは、単に音の限界を押し広げるだけでなく、音で殴りつけるようなサザン・ロックの新しい波を開拓しているのです。 ロッキー山脈でソーのハンマーのようにリフを叩き出すZZ Topの私生児は、トレーラーパークではただの日常なのだ。 彼らの武器はRockerverb MKiiiである。

Orangeアンプは、クリーンでウォームなカントリーサウンドから、シュレッドネックのシェイクダウンまで、スイッチひとつでこなせる万能選手だ。このアンプはロード用に作られたもので、一生使えるものだ」 – ティム・モンタナ

この酒とステロイドにまみれた怪物は、ロードハウスの常連ではないのだ。 チャイミーなクリーン、クラシックなブリティッシュ・クランチの象徴的なゲイン・トーンから、サタンとの殴り合いまで、トータルな楽しみを提供し、ロードでのハードなワークアウトのために作られています。

しかし、フロンティアを広げることを選択する人もいます。

前に進むために振り返る

少し前までは、一般の人でもあのクラシックなアメリカの音色とイギリスの音色の違いを聞き分けることができました。 根本的に異なるものでありながら、その境界線は曖昧になってきています。 その時、マジックが起こるのです。

クラウディア・ホイザー – ホワット・キンダ・マン

モダン・カントリー・アーティストのクラウディア・ホイザーが選んだアンプはRocker 15です。 このアンプは、楽器の自然な響きを引き出すために完璧なボイシングが施されており、Hoyserの魅力的なボーカルスタイルにぴったりなのです。 ダイナミクスに敏感で、バルブの暖かさがにじみ出るRocker 15は、一つの質問を投げかけています。

他の人たちが一線を退くのはいつになるのでしょうか?

ホセ・リオスはフリー・ナショナルズの結成当初からのメンバーであり、4枚のアルバムに収録された楽曲の多くをプロデュースしている。 JoseはRockerverb100 MKIIIを発売当初から使用しており、その最大の支持者の一人です。 2019年春、ロンドンのアレクサンドリア・パレスで10Kの観客を相手にソールドアウトのライヴを行う前に、ホセに会ってきた。 リラックスしながらもショーに興奮し、影響を受けた作品や、彼にとってOrangeいかにクオリティの高い声であるかをじっくりと語ってくれました。


みなさん、こんにちは!Anderson Paak and the Free NationalsのJose Riosです。

ギターを手にしたきっかけは?

ギターを始めたきっかけはスティーヴィー・レイ・ヴォーン、父が彼の音楽をかなり聴いていたからです。 私がプレイするのはそのためで、彼がそういうものを紹介してくれて、すぐに夢中になったんです。 彼を通して他の人たちのことをたくさん知り、他のレコードを学んだり聴いたりすることで、彼がどこから自分のスタイルを得ているのかに気づいたんだ。 でも、私がギターを始めたきっかけは彼なんです。 ジミー・ヘンドリックスやスティーヴィー・レイ・ヴォーンも影響を受けているし、モータウンのようなソウルミュージックもそうだし、クリーンなコーディーネートもそうだね。 私はジャズ音楽がとても好きでしたが、自分がジャズの人だとは思っていません。 でも、そういうものをたくさん聴いて、自分の音に取り入れているんです。

Orange選んだ理由は?

Orangeとにかく硬質で、音が大きくて、他のジャンルやスタイルとはちょっと違う感じでしたね。 手に取り、使い始めたきっかけ。 Orange412とRockerverbヘッドを持っていて、それは獣のようでした。 具体的に言うと、パワーが欲しかったんです!(笑

Rockerverbどこが一番好きなのでしょうか?

まず品質、作り方、見た目がすごいです。 本当にスマートできれいだし、作りもしっかりしていて、全体的に品質が良いと思います。 スピーカーから真空管まではソリッドなアンプで、クリーンだし、リバーブは使わず、EQだけです。 音が大きいので、そんなに音量を上げなくてもいいくらいです というのも、あまりの音の大きさと、持っているパワーをほとんど使っていないからです。 でも、いい感じに壊れて、いい感じにクリーンなトーンで、基本的に僕のボードの基礎になるもので、僕のサウンドはそれを通して、僕の媒体みたいなもの、そのリグとペダルに組み込まれている。

現在のセットアップをお聞かせください。

今はメキシコ製のジャグを使っているんだけど、ストラトと同じハムバッカーを入れているんだ。 あのアンプと組み合わせたハムバッカーの音は、まるでヘビーデューティーのようで、本当にパワフルなんだ。 私のディストーションペダルは、本当にクリーミーなトーンで、ソロの悪意をカットしてくれます。

アナログとデジタルのどちらが好きですか?

私は古い人間で、昔の人たちのやり方が好きなんです。 デジタルは使わず、アンプと同じで、アナログのようなものだったんです。 でも、今はこのアンプが大好きで、ステージに置いても違和感がないし、プレイヤーとして日々勉強しているところです。 ステージでの音色やオプションも好きですが、今は自分の信念を貫いて、ツアーには412が必要だと言っているんです!」。

最近、シングル「Dropout」をリリースされましたが、この曲について少しお聞かせください。
Adult Swimから、彼らのシングル・シリーズに曲を提供したいという話があり、私たちは皆、ASの長年のファンなので、本当に断ることができませんでした。 これまでPallbearerはアルバム中心のバンドでしたが、今回はフルアルバムの枠に収まらない作品に取り組むことができ、ある意味解放された気分でしたね。 Dropoutは、私たちの他の作品と比べると、かなり短期間で作曲、録音、ミキシングが行われましたが、その結果には本当に満足しています。

シカゴのボヘミアン国立墓地でライブ録音をされたそうですが、その時の様子や経緯はいかがでしたか?
最初はリトルロックのフェローシップ・ホール・サウンドで録音したのですが、シカゴでのショーの後に何かコラボレーションをしたいとAudiotreeから連絡がありました。 いつものように、前夜は旧友たちと盛大に祝杯をあげたので、午前10時にこの古いポーランドの墓地で2曲のライブ録音という仕事をしたときは、明らかに重い雰囲気に包まれていた。 結局、コーヒーと、その日の朝、墓地に流れていたものの助けを借りて、成功させた。 これまで演奏してきた場所の中でも、特に面白い場所なので、声をかけてもらえたことに感謝しています。

ご自身の音楽的背景、以前、そして現在影響を受けているものを教えてください。
私が初めて好きになったバンドはニルヴァーナでした。 カートがビートルズとブラック・サバスの両方を好きだったことを、初期の頃に読んだ記憶があります。 それで調べてみたら、結局、両方に感心していたんです。 この頃、初めてギターを手にしたのですが、それからは怒涛の展開でした。 ここ数年、60年代、70年代のジャズやカントリーのレコードを聴いていることが多いですね。 その時代のプログレもたくさん入っていますよ。 私は過去にとらわれることもなく、現在の音楽にも素晴らしいものがたくさんあると信じていますが、同時に、昔のコルトレーンやマイルスのレコードに勝つことは事実上不可能です。

Orange歴史と経験を教えてください。
初めて見た時にOrangeアンプが欲しくなりました。 トニー・アイオミがサバスの古いビデオでスタックを弾いているのを見て、すぐに惹きつけられたのを覚えています。 それから何年も経ってから、ようやく実際に使ってみて、惚れ込んでしまったんです。 あらゆるアンプを試しましたが、クランクしたOrange痒いところに手が届くアンプはないと実感しています。 私はクリーンも大好物で、特にRockerverbMKIIのクリーンには目がありません。 スタジオでもライブでも、Orangeあれば、私がアンプに求めている最高のトーンの基盤が得られると思うんです。 私は臆面もないファンボーイです。

現在のセットアップは?
現在、MKIIとMKIIIのRockerverb同時にpc412とpc212を通して動かしています。 これによって、2つの異なるアンプの音色をブレンドすることができ、私の耳には、充実した面白いサウンドを得るための最良の方法だと映っています。 本当に必要な音量はすべて揃っていますし、このセットアップをしばらく使っています。 Orange戦車のように頑丈にできていて、絶対的な働き者なのです。

Photo by Johnny Hubbard via ESP guitars.

 

毎年クリスマスには「Wish Granted」というコンペティションがあり、Orangeファンが夢のギアを手に入れることができます。Orangeハンドワイヤリング・カスタムショップのものは弾く機会がないのですが、きっとすごいんだろうなと思うので、その中の1本で勝負します。 OR50とか、昔のOR80をベースにしたものがいいかもしれませんね。

マルコ・メネストリーナによるカレイドボルトのサンポ・カリアイネン

Kaleidoboltのライブを見た人なら誰でも、彼らが北欧の闇に包まれた自然の力であることを知っています。そして、ギタリストのSampoをOrangeファミリーに迎えることに興奮しています このページでは、そんな彼の素顔と、私たちのアンプへの愛情をご紹介します。

さて、読者の皆さんにあなたを知ってもらうために、ごく基本的なことからお話ししましょう。あなたはどんな人ですか?
サンポ: カレイドボルトというバンドでギターを弾いている25歳の男です。 もうギャンブルの世界で働いているわけではないので、最近はミュージシャンと呼んでくれてもいいんですけどね、ハハハ。 私の音楽に関する最初の思い出のひとつは、父が私と弟を暗い部屋に座らせて、「シャイン・オン・ユー・クレイジー・ダイヤモンド」をフルボリュームで聴かせたことです。 今まで聴いていたものがスマーフのCDだっただけに、パワフルな内容。 11歳の時、母の誕生日にギターを買ってもらったのがきっかけで、音楽というものに目覚めました。 ママが弾けるようになる気がないのと、僕がギターのかっこよさに圧倒されたのと、他にやることがなかったのとで、結局僕がギタリストになったんです。 大きくなってからは、クオピオ音楽舞踏高等学校に通いましたが、クオピオの音楽シーンはどちらかというと退屈だったので、最終的にはクオピオを離れてヘルシンキに行きました。 結局、ヘルシンキのカレイドボルトに入社し、6年経った今も、Orangeお墨付きをもらったばかりです。 Woo! すべて揃った!

カレイドボルトさん、皆さんはどのようにして出会い、一緒に演奏することになったのでしょうか?
サンポ:ベースのマルコがフィンランドに移住して、バンドをやりたいと言い出したのがきっかけで、オリジナルのラインナップが生まれました。 フィンランドのウェブサイトで、一緒に演奏するミュージシャンを募集していたんだ。 本来なら絶対に避けるべきサイトなのですが、なぜか超ラッキーでした。 マルコは前任のドラマー、ヴァルッテリと一緒に演奏を始め、リズムの取り方をマスターしながら、ギタリストを探していたんだ。 当時、私が所属していたジャズ・フュージョン系のバンドは、平均年齢が47歳くらいでした。 勉強になりましたが、ちゃんとROCKING OUTを始めたいと思い、結局マルコに連絡することにしました。 最初はカレイドボルトが募集しているのはギターとバッキングシンガーだと思っていたのですが、なぜか騙されてリードを歌ってしまいました。 でもね、それ以来、振り返っていないんですよ。 そして、フィンランドのハードコアバンド、ForeseenのMårtenがその穴を埋めてくれると友人から聞いていたんだ。

様々なジャンルの要素を取り入れた音楽ですが、出身地はバラバラなのでしょうか?
サンポ:共通点は多いのですが、バンド内の趣味がバラバラなので、曲作りが本当に大変で時間がかかることがあります。 でも、頑張れば頑張るほど、大きな報酬を得ることができ、一日の終わりには、ハグやハイタッチができる。 今、初めて曲作りがすごく楽になったので、ちょっと心配になりそうです。 でも、今のうちから楽しんでおこうと思います。

北欧諸国では、甘いヘビーミュージックが次々と生まれているようですが、ヘルシンキの音楽シーンについて少し教えてください。
サンポ: ヘルシンキやフィンランドでは、一般的に人が少ないので、様々なジャンルのシーンが明示されているのはとてもクールだと思います。 パンクやサイケデリック・ロックのライブに参加するような人たちが、ジャズのライブに参加していたりするんですよ。 ヘルシンキの多くのバンドの音楽は、様々なジャンルが混ざり合っていて、とても美しいので、それを聴くことができると思います。

あなた方は非常に印象的なライブバンドですが、リハーサルやギグ、ジャムなど、どれくらいの頻度で行っているのでしょうか?
サンポ:あはは、ありがとうございます。 当時は、リハーサルを重ねながら、ベースとなる仕事をこなしていたので、ツアー中はそれ以外の活動に集中できるんです。 やはり、大変な仕事ほど大きな報酬があるのでしょう。 もちろん、ライブが最高の練習になるというのは嘘ではないし、この前Radio Moscowと行った1ヶ月半のツアーの後では、死んでもライブをすることができたよ – 正直言って、真実から遠くはない。

ギタリストとして、最初に影響を受けた人は誰ですか?
サンポ:昔も今も変わらない。パット・メセニー、アルビン・リー、ユッカ・トロネンです。 パット・メセニーほど美しいギターを弾く人はいない。 アルビン・リーは最も悪趣味なギターフェイスで、ユッカ・トロネンはその2つを合わせたような(ギターフェイスを除いた)顔をしています。 パット・メセニー・グループの「S/T」、テン・イヤーズ・アフターの「Live at Woodstock」、ユッカ・トロネンの最初の2枚のソロ・アルバムが、ギターを弾くのに必要なすべてです。

カレイドボルト by ミカ・パナネン

Orange- ブランドとの歴史と経験を教えてください。
サンポ 10代の頃、Orangeアンプを「あの変な形のアンプ」と呼んでいたのを覚えていて、初めて見たのはブラック・サバスのテレビ出演だったと思う。最初のアルバムをレコーディングする前に、ちゃんとしたアンプを買わなければならなかったので、友人からOrangeAD-140を借りたんだ。オレンジを初めて触ったとき、すぐに気に入ってしまったんだ。その翌日、楽器店に行って午後からいろいろなアンプを試した結果、Rockerverb100 MKIIを買うことになったんです。今では、このアンプを “おかしな格好をした素晴らしいサウンドのアンプ “と呼んでいます。

アンプに求めるもの、現在のセットアップについてお聞かせください。
サンポ:汎用性。 ジャズをやるのも好きだし、ヘビーなのも好きだし、明るいクリーンな音も好きだし、いろいろ好きなんです。 Kaleidoboltでは、さまざまなサウンドの悪ふざけをするので、それに対応できる機材であることがかなり重要なんです。 Rockerverb100 MKIIを使い始めてから6年になりますが、とにかく素晴らしいです。 カレイドボルトに入って泥臭いギターサウンドが欲しくなったとき、そこにあったし、バリバリのソロをやりたくなったときにも、そこにあった。 よりツンとしたサウンドが必要な曲をやるようになっても、何となく残っているんです。 私は機材に詳しくなく、正直なところ、こういったことに関しては少し怠け者なので、このような忠実な仲間をずっと持っていることは幸運でした。 スタジオでもツアーでも、私はいつもこの小さな相棒を信頼しているんだ。 メンテナンスも音も全く問題なし。 私はOrange Rockerverb100 MKIIにOrange PPC412Hiwattのキャビネットを使用しています(フィンランドではPPC412見つけるのはかなり難しいのです。)

Orangeアンプといえば、ヘビーでスローなリフ、歯についた歯石を落とすような、車のスピーカーが吹っ飛ぶような、そんなイメージがありますよね。 これは常に私たちが非常に誇りに思っていることです。私たちは大音量のアンプを作り、それが素晴らしい音だと考えています。 レッド・ツェッペリンやブラック・サバスなどのクラシック・メタルから、ジェントやプログレッシブ・メタルなどのニュー・ボーイズまで、幅広いジャンルに対応するアンプを揃えています。 しかし、メタルのサブジャンルごとにどのアンプが有効なのか? 私たちがお手伝いします

クラシックメタル

サバスやツェッペリンといったバンドを「クラシック・メタル」と呼ぶのは少し間違っている気がするが、これはこのジャンルにおける彼らの年長者の役割を示す方法である。 基本的に、もし彼らが他の職業を選んでいたら、我々は仕事もレコードコレクションも持っていなかったでしょう。 もしあなたがジミー・ペイジのように演奏したいのなら、Orangeあなたのためのアンプを持っています。

2007年のレッド・ツェッペリン再結成公演で使用されたAD30(シングルチャンネル仕様)は、チャンネル1がクリーン、チャンネル2がヘヴィなチャンネルで、ペイジのリフにはこちらを使用します。

スラッジメタル

ブラック・サバスの影響を強く受けたスラッジ・メタルは、ドゥーム・メタルとハードコア・パンクの要素をミックスしたバンドによって誕生した。 この2人が手を組んだことで、デチューンされたギター、ディストーションの多用、スローグルーブからパンクスタイルのリフへのテンポの切り替えが実現したのだ。 スラッジメタルの伝説的存在であるCrowbarのKirkも、このアンプを使って音の壁を作り出しているのだそうです。

Rockerverb100からインスピレーションを受けたCrush ProPro 120ヘッドは、暖かく豊かなアナログ・トーンを提供するソリッド・ステート・アンプです。 カークはこのアンプをツアーで使い始め、メタル界の巨匠ダイムバッグ・ダレルから譲り受けたアンプの代わりとなりました。 これがローチューンのリフに最適なアンプでないとしたら、私たちは何をすればいいのかわかりません。

ニューメタル

90年代後半から2000年代前半にかけて、ロックではこのジャンルが主流となり、スリップノット、リンキン・パーク、コーン、リンプ・ビズキットのような巨頭たちが音楽シーンの最前線に登場したのである。 ラップ、ロック、メタルなどの要素をミックスし、独自の道を切り開いた彼らは、近年、世界最大のロック・アーティストとしての地位を確立しています。 あらゆる主要フェスティバルでヘッドライナーを務め、ジャンルの巨人となったスリップノット。ジム・ルートはRockerverb使用して、彼の独特で特徴的なサウンドを実現しています。

Rockerverbあらゆるジャンルに対応するアンプとして設計され、10年以上の歴史の中で非常に多くのプレイヤーに使用されてきました。 2チャンネル、4段階のゲインで、このジャンルに最適なものになっています。 ジム・ルートは毎晩ステージでRockerverb信頼しているだけでなく、Kornの伝説的なギタリストであるヘッドはクリーンチャンネルを「バターのようだ」と呼んでいます。

プログレッシブ・メタル

最後に、もしあなたがロックの巨人のような音を出したいのであれば、プログレッシブ・メタルはすべてがうまくいっているところです。 このジャンルの巨人はTool、Opeth、Rush、Mastodonで、Orange完璧なアンプをたくさん持っているんだ。 ブレント・ハインズの恐怖は、ゴーグルをつけた山の中の男たちが作ったもの(マストドンのブレント・ハインズが語る)だから、このジャンルにぴったりなんだ。

Brent Hinds Terrorは、Mastodonのリフを大音量で演奏するために特別に設計された2チャンネル、オールバルブ、ランチボックス・アンプです。 ベッドルーム/ヘッドルームの切り替えスイッチにより、ベッドルームでの練習もスイッチひとつで可能です。

1987年にSepulturaに加入してから30年が経ちますが、この間に音楽やサウンドがどのように発展してきたか、少し教えてください。
それは、私たち全員が人間として成長し、世界を旅するように、あらゆるものと一緒に発展してきたのです。 ブラジルではほとんど手に入らないようなペダルや機材を若いうちから探していて、最初はMesa/Boogieを長年使っていたんだ。 ちょうど多くのヘビーなバンドがOrange採用していた時期で、私はMesa/Boogieのサウンドに少しうんざりしていたので、何か違うものを試してみようと思っていたんです。 Orange、私がこれまで使っていたものよりオーガニックなサウンドを提供してくれました。なぜなら、私が本当に好きなのは、プラグインしてプレイできることだからです。 セパルトゥラには歪みやヘヴィネスが求められることが多いのですが、RockerverbIIにはそれがすべて備わっていて、とても驚きました。 暖かく、そして重厚なギターサウンドが、なんだかもう少し広がっていくような気がします。 今回のツアーでは、Rockerverb100 MKIIとRockerverb100 MKIIIの両方を使って演奏していますが、Orangeサポートにはこれ以上ないほど満足しています。

ブラック・サバスのトニー・アイオミやギーザー・バトラーを師匠として挙げていますが、若い頃に演奏に目覚めた人はいましたか?
主にKISSとQueen、この2つのバンドが私のメインでした。クイーンは1981年にブラジルに来たんだけど、僕がまだ若すぎたから、母親が行かせてくれなかったんだ。その後、1983年にKISSが来て、それが僕の最初のショーだった。Creatures of The Night ツアーで彼らのライブを観に行くことができたのは、僕の人生を変えるほどの衝撃だった。だからここに来たんだ!自分のホームタウンで、自分のサッカーチームのスタジアムで……。さっきも言ったように、それがすべてを変えたんだ。演奏を始めたばかりのころは、「天国への階段」を弾くことが目標だったので、先生にもそう言っていたんです。彼女は私に基礎と、徐々に学ぶための良い土台を与えてくれました。最初はアコースティックなブラジル音楽から始まり、他のものに移っていきました。アイアン・メイデン、ジューダス・プリースト、ブラック・サバス、ディープ・パープル、ジミ・ヘンドリックス、クリームなど、ヴィンテージサウンドのバンドやアーティストを聴くようになったんだ。ブラジル音楽にもインスパイアされたし、歳をとって自分の好みがわかってくると、古いブラジル音楽をたくさん聴くようになって、それがセパルトゥーラに大きなインスピレーションを与えてくれた。ブラジルのパーカッションや、より伝統的な音楽の断片を使うことで、僕らのサウンドを見つけるのに大きな役割を果たしたよ。

間違っていたら訂正しますが、ラジオ番組もやっているんですよね?
そうそう、19歳の息子ヨハンと一緒にショーをやるんだけど、彼が参加してくれて、ショーを通して彼がどう成長したかを見られるのは嬉しいね。彼自身もミュージシャンなんだけど、もっとプログレッシブなロックが好きで、これはものすごく優れたミュージシャンじゃないと演奏できないんだ。 もう5年もこの番組をやっているんだけど、本当に素晴らしいよ。ラジオでオンエアされるのはとても難しいから、ブラジルの若いバンドの扉をたくさん開くことができてラッキーだったね。 クラウストロフォビアというバンドがあるのですが、若い子たちがトラッシュを演奏していて、ブラジルのパーカッションも混ぜているんですよ。 彼らは昨年末に「Download Hatred」というアルバムをリリースしたのですが、これがまた素晴らしいので、できればチェックしてみてください。 もちろん、ヘヴィーやメタルもたくさんあるし、ビートルズやストーンズ、ナパーム・デスやスリップノットなど、そういうバンドもあるんだけどね。 極端な話、その間にあるものすべてです。

タグ アーカイブ: Rockerverb100 MKII