タグ アーカイブ: Pedal Baby

Pedal Baby100は、Orange製品群の中でも異彩を放っており、技術問い合わせ窓口には、ペダルオタクと呼ばれる人たちから今でもかなりの数の質問が寄せられています。 Pedal Baby? どのように使用するのですか? これで使えるのか? それともあれか? フラットなパワーアンプで、必要な音を必要なだけ出すというシンプルな原理ですが、ギターマーケティングの世界では、多くのプレーヤーにとって馴染みのないアイデアです。 私はOrangeテクニカルディレクターであるAde Emsleyと密接に協力してPedal Baby100を開発したので、それを説明する最も簡単な方法は、それがどのように生まれたかを話すことかもしれません…。

THE PROBLEM:
現代の多くのギタリストがそうであるように、私は自分のサウンドのすべてをペダルボードから得ています。 ギグを行うサイドマン、セッションプレイヤー、プロデューサー兼ギタリストとして、私は自分のトーンを損なうことなく、あらゆる種類のものに接続する必要があるのです。 できる限り自分の大音量アンプで演奏したいのですが、実際の現場では、ハウスのバックラインを使ったり、PAに直接つないだり、スタジオで直接演奏したりする必要があるんです。 いつも使っているわけでもないのに、大きなアンプに音色を頼るのは馬鹿らしいじゃないですか。 だから、すべてはペダルボード*から来るのです(私のはたまたま別々のストンプボックスのロードですが、人々がモデラーを使うのと同じ理由です)。

私のセットアップ(またはモデラー)の問題は、それを増幅しようとするときに起こります。 何を使っていますか? 使えるときに大きなアンプに直につなぐのはとても楽しいことですが、使えなくなると寂しいものです。 フラット」なレスポンスを得るためにFXリターンに直接接続することもできますが、それではアンプを半分無駄にすることになります。 ハウスバックラインはどうでしょうか? キャビネットは問題ないだろうが、アンプはあなたのトーンに様々な影響を与える可能性があり、サウンドチェックで急いで調整する必要がある(幸運にもサウンドチェックを受けることができた場合)。 そして最後に、現在販売されているパワーアンプやFRFRの多くは、あなたが最初にビッグでラウドなアンプを好きになった理由であるフィーリングとエンゲージメントを持っていないのです。

Pedal Babyonstage at Standon Calling Festival Main Stage with Baron Goodlove & The Dreadful Noise (この記事のライター、John Denzil Dinesは左の写真です)

光明が差したのは、素晴らしいBaron Goodlove & The Dreadful Noise(彼はとても良いので調べてみてください)と一緒に演奏していた時でした。 私は幸運にも、OrangeR&Dワークショップでアンプの天才Ade Emsleyと多くの時間を過ごし、クラブやフェスティバルのメインステージ、スタジオなど、彼の機材をたくさん使ってギグを行ったことがあります。 私の「ペダルボード上のすべて」のシグナルチェーンの最後には、Orange Crush ProPro 60 1×12 Combosのペアがありました(そう、私はステレオが好きなのです)。 私のボードの出力をこれらのソリッドステートアンプのFXリターンに接続すると、私が持っていたバルブアンプへの偏愛はすぐに払拭されました。 十分な音量があり、クラスA/B出力段はダイナミックでレスポンスが良い。 自分の機材を持っていけるライブはこれでカバーできましたが、ハウスのバックラインはどうするんですか?

また、Adeが試作したKongpressorペダルも置いてありました。 このバージョンはフルEQを搭載し、私のチェーンの最後に位置しています(私の中のプロデューサーはコンプレッションを最後に好むのです)。 面白かったのは、カット/ブーストのBassとTrebleのコントロールがどのようにボイシングされるかということです。 4×12の「チャグチャグ感」やブライトスピーカーの「切れ味」が感じられる周波数帯域に、「深み」と「存在感」という感じで収まっているのです。 この2つのノブだけで、どんなバックラインのキャブでも、その2つの特徴をダイヤルで調整したり消したりして、自分のサウンドにすることができるんです。 ロンドンの地下鉄にもCrush60’sのパワーアンプを持ち込んでいれば…。

THE SOLUTION:
この問題をAde Emsleyに相談したとき、彼は私が想像していた以上の解決策を提示してくれました。 その試作機が「Pedal Baby100」となり、すべての条件を満たしたのです。 Crush ProPro 120の出力セクションを始め、Adeは回路の様々な側面を強化し、ハードなロードライフにさらに適したものとしました。 この100WクラスA/B設計は、ラウドでクリーンなバルブアンプと同様に魅力的ですが、ギターケースやオーバーヘッドロッカー、バンドバンのテトリスゲームに収まるほど小さな筐体に押し込めています。

さらに、このA/B級ブリッジング方式を採用したことで、もうひとつのメリットが生まれました。 現在のクラスDパワーアンプに欠けている独特の「質感」を提供するだけでなく、ギターキャブとの併用にも適しています。 100ワットの定格を持つクラスDアンプは、4オーム負荷で100ワットを出力します。 8Ωでは、50Wに低下します。 16オームのキャビネットに接続した場合、25ワットまで低下します。 ほとんどのギターのキャビネットが16オーム、時には8オームであることを考えると、これは紙の上で見たよりも急に使い勝手が悪くなっています。 100Wのアンプでフェスに参加したら、業界標準のキャビネットで75Wも奪われていたとしたら……。 Pedal Baby100Wパワーアンプは、8オーム負荷でフルパワーを生み出し、16オームキャビネット使用時には70Wに低下します。 ソリッドステート・ワットの音量はバルブ・ワットと同じで、70もあれば十分です。

しかし、本当に賢いのは、Pedal Baby入力部です。 その頃、AdeはOrange Getaway Driverペダルのプロトタイプを作っていました。 このJFETのシングルエンド設計により、アンプライクなドライブサウンドを実現することができました。 私はこのアクションの一部が欲しかった – しかし、きれいな! この回路はソリッドステートでありながら、他のタイプのソリッドステート設計にはないディテールと暖かさを持ち、非常にバルブ的な音質に寄与します。 実は、バルブプリアンプもシングルエンドで、それが人気の理由でもあります。 Kongpressorプロトタイプにあった低音と高音のコントロールは、シングルエンド回路として再設計され、この入力段に追加されました。これにより、私がハウスバックラインでのライブを乗り切るために信頼していたのと同じ柔軟性が得られました。 これらのコントロールをフラット(12時方向)に設定し、キャビネットを接続した状態でペダルボードを調整し、ライブに行き、ハウスのキャビネットが自分のサウンドと同じになるまで調整します。

つまり、Pedal Baby100は、本物のアンプのように「感じられる」小さな100Wパワーアンプなのです。 どんな規模のステージでも十分すぎるほどのパワーを発揮し、どんなキャビネットとも見事にマッチします。 また、自分のキャビネットを家に置いていかなければならない場合でも、BassとTrebleのコントロールがあれば、入念に作り込んだペダルボードのセッティングに手を加える必要がありません。 自己完結型のペダルボードやモデラーベースのセットアップでは、そのタイプのリグを選択した理由である実用性をすべて享受し、どこへでも持ち運びが可能です。

ギアの写真を見るのが好きなオタクの皆さん(私もその一人です)のために、Pedal Baby処女航海の実物をご紹介しましょう。 イギリスのスタンドンコーリングフェスティバルのメインステージでBaron Goodlove & The Dreadful Noiseと一緒に写っているバックステージの写真から、彼らを見つけることができるかどうか確かめてみてください。