タグ アーカイブ: Kongpressor

1968年にOrange設立して以来、Cliff Cooperは、ギターバルブアンプの設計と音響技術の革新について、私たち以上に関心を寄せる会社はないと信じてきました。 しかし、デザインだけでなく、音をどう受け止めるか、クリフは常に「音の響き」として考えています。それは、アンプの音がギタリストに与える演奏時の物理的な喜びのことなのです。 それが、本当に大切なことなのです。

私のスタジオ、ライブ、デモなどで使っているお気に入りの「OrangeSound」デバイスを紹介します。

例えば、有機的な立体感を持つアナログのクラスAコンプレッションペダル、Kongpressor説明しましょう。

出典:ミュージックレーダー

Kongpressor効果は、低い圧縮レベルでは透明ですが、なぜか肥大化し、コアなトーンに魅力と光沢を加えますが、バイパスされると本当に寂しくなります。 極端な設定でも、常に音楽的な音色を保ち、指通りも素晴らしい。 クリスタルクリーンなカントリーピックに最適ですが、多くのコンプレッションペダルで失われがちなボトムエンドを維持し、オーバードライブペダルやアンプのリードチャンネルで完璧に動作し、フルネスとサスティーンを追加します。

PPC212 PPC212、Celestion Vintage 30スピーカーを2つ搭載したクローズドバックの2×12″で、4×12″では大きすぎる場合に、可能な限り太いトーンを求めるプレイヤーに理想的な、我々のクラシックな4×12を半分にしたようなモデルです。

1968年の伝説的なカラーリング、バスケット織りのビニール、織物のスピーカーグリル布、特徴的な「ピクチャーフレーム」エッジング、18mmバーチプライ構造で仕上げました…なんというキャブ! デヴォン・オールマンが「これは君の父親のブルースではない」と表現したように。これは次世代のブルースだ。これは空飛ぶんだ。Orange燃料なんだ。

あなたのリグのための新しいアイデア、あなたが発見すべき無名のガジェット、あるいはOrange製品の次の定番を提供するために、私はお気に入りを選び続け、あなたにお届けしたいと思います。

“…私たちは常に新しい技術を学び、向上することができる。また、完璧を求め続けるだろう。”- クリフ・クーパー