グレン・ヒューズ – 並外れたベーシストであり、異次元のシンガー。イギリスのヘヴィロックにおいて重要な役割を果たし、ディープ・パープルにファンクを紹介し、80年代には一時ブラック・サバスの前座を務め、パット・スロールとアルバムを発表し、ジョー・ボナマッサ、ジョーイ・キャスティロ、ジェイソン・ボナムなどのミュージシャンと共演したミュージシャンであり、数え上げればきりがない。 最近では、「Glenn Hughes plays Deep Purple」という冒険があり、MK IIIとMK IVで行ったことを、2回の大規模なワールドツアーで再現しています。

まず最初に、このツアーを行うことはとても素晴らしいことだと思います。私自身だけでなく、両親を通してディープ・パープルを知った多くの人々や、昔からのパープルファンにとっても、これらの曲が作曲されてから何十年も経って蘇るのを聴くことができるのは、大変な喜びであり、特権でさえあります。新しい世代にこの音楽を届けるために、ライヴを行うのはどうですか?


グレンです。
2017年、世界中のプロモーターから「MK IIIとMK IVでやったことを、こうしたレガシーなショーでやってみないか」と誘われたんです。 私のことをご存知の方は、以前ライブで演奏した曲や、トラペーズなど過去のバンドの曲も演奏していることをご存知だと思います。 この曲で2時間の完全なライブをやったことがないので、どの曲、アレンジ、どう演奏するか、23歳のときと同じ怒りとエネルギーで演奏できるかどうか、もう一度深く考えてみる必要があったんです。

このツアーが現実になったとき、私は体調を整えなければならなかった。そして、エラ、後でショーの後で言ってくれるだろうが、私はこんなことはしない、もし私が成果を出せなかったら。 これは、ある男が歩いてきて、ギターを手にして、ただじっと立っているということではなく、この男はキャラクターになりきっているのです。 でも、その場にいると、23歳とは思えないほど、若々しく、はつらつとした気分になるんです。 髪も伸ばしたし、衣装も揃えた。 オリジナルのものではありません。途中で失われたものも多く、ロックの殿堂に展示されているものもありますから。 幸いなことに、素晴らしいデザイナーの友人もいますし、ファッションには昔から強い関心を持っていて、それは父から受け継いだものです。 でも、もちろん、私の世界の中心は音楽であり、私の生きがいでもあるのです。

近年は新曲のリリースも多く、最近では昨年のブラック・カントリー・コミュニオンの4thアルバム『BCCIV』がありますね。
グレン:今のところ、2年間やって、2回世界一周する計画です。 また、ここに戻ってきます。 来年5月にはイギリスで、さらにアメリカツアーを3回行う予定で、そのうちの1回は2週間前に終えたばかりです。 時が来れば、次のことを考えます。でも、あまりにも長い間座っていたから、何か出てくるかもしれません。

さて、少し専門的な話になりますが、アンプについて、OrangeAmpsの話をしましょう。 もちろん、今のようなキャリアを積めば、世界中のあらゆるアンプメーカーの中から選ぶことができるわけですが、どうしてOrange使うことになったのでしょうか?
Glenn: 5年前にOrange使い始める前は、他の会社にいました。大企業です。ロサンゼルスのNAMMを歩いていたら、Orange声をかけられて、ずっとやりたかったアンプを試奏してみないかと言われたんだ。出店に行くと、目の前にPベースがあり、Orangeアンプには4つのノブがありました。”私にとっては簡単なことだ」と思いました。 私が演奏を始めたとき、このサウンドは70年代のパープルにとてもよく似ていて、私が参加したいものでした。 その日、私はOrange以外のことはすべて忘れていました。 今夜のサウンドを聴いてほしい。ダイナミックなサウンドで、本当にワイルドなサウンドで、Orange言い、グレン・ヒューズと言い、とても魅力的だ。 クリフ・クーパーは、私をアーティストとして信じてくれているし、私が彼の会社を愛していると信じてくれていますし、実際そうなのです。

クリフのことは言えませんが、会社を代表して、イギリスの音楽史やヘビーロックで大きな役割を果たし、あえて言えばイギリスのハードロックにファンクを持ち込んだ人であるあなたをアーティストの一人として迎えることができ、非常にエキサイティングだと感じています。
グレン:僕にとってのファンクは、若い頃から持っているモータウンへの愛から来るものだ。 アメリカに住んでいて、たくさんの素晴らしい黒人ミュージシャンを知って育ったこと。 そして突然、ロックスターとして、アイコンとして、ディープ・パープルに参加している自分に気がつきました。でも、自分のバックグラウンドがデトロイト出身であることも忘れてはいません。 バンドに入って自分が変わっただけでなく、バンドも変わりました。 私が入ってきて、私が演奏しているもの、書いているものの動きを感じ取ってくれたのです。 銃を突きつけられたわけでもなく、一緒に行ったわけですから、一緒にやった作品は私にとってとても大切なものです。

あなたを行かせる前に、技術的な話に戻りますが、今回のDeep Purpleのツアーではどのようなセットアップになっているのでしょうか?
グレン:いくつかのセットアップがありますが、2つか3つでしょうか。今使っているのは、8×10が2台とAD200です。 私は主にこれを使用しています。これは私が今やっていることにぴったりで、8×10は私にとって本当にうまくいっています。

早速ですが、Orange出会いについて、ご自身で演奏されたり、他の方が演奏されているのをご覧になったりして、覚えていらっしゃいますか?

Danko: ええ、すっかり覚えていますよ。その理由は、私がOrange」をプレイしているからです。 スーパーサッカーズと一緒にツアーに行ったんだけど、彼らの機材を使うしか方法がなくて、ロンのOrangeヘッドを使ったんだけど、「なんてこった、これは今まで弾いた中で最高のヘッドだ!」と思ったのを覚えているね。 それ以前にも、他の人が使っているのを見ていて、ずっと好きだったんだけど、いろいろなアンプを弾いていたから、Ronのアンプで弾くまでは、Orange僕の中で地図に載っていなかったんだ。 そして、私自身がOrange仕事をする機会を得たことで、その意味を理解することができたのです。


Danko: つまり、そうなんです、少なくともそうしてきたんです。 今年の初めにイギリスでSkindredのオープニングをやって、フェスティバルに帰ってきて、アルバムを作って、そして今またここにいる。 オフの年はいつもアルバムを作る年なんですが、今思えば全然オフじゃないんですよね。

常にツアーに出ているDanko Jonesの普段の生活はどのようなものなのでしょうか?
Danko:
正直言って、それほどエキサイティングなことはしていません。 今日みたいな日は、会場の近くをウロウロしていることが多いですね。 声のためには睡眠が必要なので、それくらい、ダウンタイムが多いですね。 一番いいのは、あまり考えすぎないこと。特にライヴのときは、考え始めた瞬間にステージで失敗してしまうんです。 バンドと観客の間の会話は、計画することができません。私は、バンドが自分たちのセットに脚本を書くのを見たことがありますが、誰かが観客から何か叫ぶと、彼らは何も答えることができず、それを跳ね返す方法がありません。 曲のリハーサルをしておけば、あとは何が起きても大丈夫。 一番いいのは、頭も脳も真っ白にして、ひたすら取り組むことです。 最近の多くのバンドは、バックトラックやボーカルがあり、すべてがあらかじめプログラムされているため、自発性を発揮する余地がないように見えます。 私はショーが軌道から外れても気にしません。少なくとも観客には、私たちがその晩に提供できるものは何でも提供するということを示すのですから、それはそれで意味があるのです。 私たちは、かなり控えめにして、曲を演奏し、彼らがどこに連れて行くかを見るのです。

オフの年はアルバムの年ということですが、移動中も執筆をするのですか、それとも家に戻ってからにするのですか?
Danko:
いや、家にいる時間は十分にあるので、その時に書くことにしています。 昨年の今頃と夏の前後を利用して、曲作りに没頭していたのですが、その中で自分たちのやりたいことが見えてきて、その中から11~12曲を選んでアルバムに収録することができました。 リッチ・ノックス(ドラムス)がバンドに加入して以来、リリース前に緊張したことはありません。何よりも、私たちが取り組んできたことを聴いてもらいたいという興奮と焦りがあり、それはつまり、曲に対して自信があるということなのです。 今回発売予定のアルバムもその一つです。 以前は、人々が気に入ってくれるかどうか、少し不安なアルバムもありましたし、そのような疑念を抱いたときはいつも、評価が分かれるアルバムばかりでした。私はいつも好きなんだけど、他の人にはそうではないかもしれない。 過去に出した『Fire Music』(2015年)と『Wild Cat』(2017年)は緊張もしなかったし、レビューもすごく良かったし、新しいアルバムもその2枚と同じくらい、いや、それ以上に良い作品に仕上がったと思います。

最後の質問になりますが、今夜のセットアップをお聞かせください。
Danko:私はRockerverb50ヘッドを持っていますが、私はギアヘッドではなく、習慣の生き物です。 ヘッドのどこが好きなのか、仕様がありません。ただ、こんな音(リフ音を出す)であればいいんです。これは7歳のときから出している音です。 そう聞こえたら、素晴らしい。 私は新製品を探しに行くわけではありませんし、通常、他のものに変えたり、新しいことに挑戦したりする場合、それはプレゼンして目の前に置かなければならないでしょう。 私にとってアンプは貴重品でもコレクターでもなく、仕事をするための道具であり、正直言って、Orangeこれまで使った中で最高の道具です。

Orange、歪みを求める人のためのアンプとしてよく知られています。 ブリティッシュ・クランチから完全なる汚物へ。 Orange連想するのはクリーンなサウンドだと思いますが、実はOrange初期の頃からクリーンなサウンドをよく出していました。 フリートウッド・マックの「アルバトロス」を覚えていますか? Orange アンプを使用して録音。

Rockerverb 100のようなハードでヘビーなアンプを例にとってみましょう。 スリップノットのジム・ルートやコーンのブライアン・”ヘッド”・ウェルチなどが愛用し、ディストーションだけの印象が強いかもしれませんが、実はそうでもないのです。 クリーン・チャンネルのヘッドルームは非常に大きく、FXペダルのプラットフォームとして最適です。 FXが苦手で、ベルを鳴らすようなクリアな音質がお好みなら、私たちにお任せください。 OrangeAmpsのテクニカルディレクターであるAde Emsleyは、音色にこだわり、ハイゲインアンプであってもダーティチャンネルで美しくクリーンアップできるように設計しています。

もちろん、いろいろな種類のクリーンがあります。 おそらく、あなたは「別れの縁」のようなきれい好きなタイプなのでしょう。 もう一度言いますが、AD30あなたのためのアンプがあるのです。 もっと音色を整える必要があるのでしょうか? OK チェックアウト TH30. 私が何を言いたいかわかるかな?

正直なところ、OrangeAmpは常にOrangeAmpの音を出すもので、クランチやディストーションに関しては、控えめに言ってもかなり優れていると思いますが、だからといって私たちが一本調子のアンプ会社であることを意味するものではありません。 2019年は、Orangeこれまでに生み出した最も革新的な製品のいくつかが発売されましたが、何を隠そう、彼らは見事にクリーニングを行っています。 Tremlord 30は50年代のヴィンテージアンプで、ご飯が食べられそうなほどクリーンだ。 それ以外に何があるのでしょうか?

Orange優れたクリーン性能を持つアンプは数多く存在しますが、次にクリーン用のアンプを検討するときは、Orange念頭に置いてください。 きっと、とても嬉しい驚きがあるはずです。

Giannis:こんにちは、私は1000 Modsのギタリスト、Giannisです。

Giorgos:1000 Modsで演奏しているGiorgosです。ギターを始めたきっかけはBlack Sabbathです。

ジャニス:ギターを始めたきっかけは、最初に聴いたバンドがMC5とモーターヘッドだったからです。

ジョルゴス:私たちは、幼い頃からお互いを知っていました。 ドラムのランプロスとは、3歳の頃から知り合いだったんだ。 その後、ジャイアンに出会ってからは、いくつかのバンドを立ち上げ、音楽グループもできました。 2006年に1000 Modsの名で、アルバムのレコーディングを開始しました。

コリント地方でのライブやいくつかのフェスティバルを経て、アテネの音楽シーンで演奏したい、いろいろなバンドに出会いたいという思いから、アテネに進出しました。 ご存知のように、ヨーロッパではこのシーンが広く認識されています。 ギリシャ出身のバンドも、ギリシャで演奏するためにやってきたバンドも、みんないいことしか言わないと思うんです。

ジャニス:ミュージックビデオでOrange演奏しているのを初めて見たバンドはMC5で、その後、現代ではスリップノットです。 私が初めて使ったOrangeアンプはOR-120で、2005年の中頃に2台目のOrange50 WattRockerverb買いました。

ジョルゴス 最初に体験したのは、ブラック・サバスのミュージックビデオ、パラノイドとアイアンマンでした。スリープのホーリーマウンテンを買ったとき、裏表紙に「Orangeアンプを探しているので買いたい」などと書いてあって、とても印象に残っている話です。

面白い話としては、アテネでいろいろなギターショップや楽器屋を回ったときに、当時Orangeいた店に行き、Rockerverb50や100を試したことがあるんですよ。 この曲をかけるとき、アンプを大きくしたのを覚えています。
店内の温度が高すぎて、アコースティックギターの弦が切れてしまいました。

とにかく、『Orange聴いたときに、「ここに音があるんだ」と気づかされたんです。 店員さんに言われた通り、「素直」な中音域とヘッドルームがとてもよく、それがきっかけでOrange関わり、Orange購入することになりました。 Rockerverb50を買った後、Giannisが古いOrangeOR-120を手に入れてライブで使い、それ以来、自分たちのサウンドとOrange全般を実験し続けたのを覚えている、だってOrangeが大好きだったからね。 その後すぐにOrange人気が出てきて、僕らが演奏する場所にはOrangeあったし、だいたいみんなOrangeステージで演奏するようになって、他の多くの音楽バンドもOrangeアンプを使っていたんだ。

Giannis:Orange製品は、私のサウンドの根幹をなすものです。私はOrangeOR-120 1970とOrange Rockerverb100を使っていますが、これらは私のサウンドの根幹をなすもので、他に代えがたい部品だと考えています。

一般的には、2つのOrange音をブレンドして、古いOrangeからは低・中域を、モダンなOrangeからは私がどうしても必要な高域を得るようにしています。

ジョルゴス:1年前、ロンドンのDesertfestにチャーリーが来てくれて、コラボレーションを提案してくれて、Orangeロースターの一員になり、Orangeアンバサダーになってくれたことは、僕らにとってとても光栄なことだったんだ。

今期はアルバム『Repeated Exposure to…』のプロモーションの2周目に入っていますが、今後はできれば2019年の中頃から新しい作品の制作に入りたいと思っています。

ジョナサン・ヒッグス(ヴォーカル、ギター)。

Everything Everythingのボーカルとギターを担当しているジョナサン・ヒッグスです。 現在のセットアップはRocker 32コンボで、かなり多機能なアンプです。 スタジオでも使えますし、実際使ってみましたが、路上でこそ真価を発揮しますし、弾力性に富み、ステージでも素晴らしいサウンドを奏でます。

このアンプはシンプルで、基本的に大きなボリュームノブがあるだけで、あとは回すだけです。 アンプはいろいろな設定に悩まされることがありますが、これはシンプルでいいですね。

Alex Robertshaw (ギター)

こんにちは、私はアレックスです。Everything Everythingというバンドでギターを弾いています。 RockerverbMKIIIに決めたのは、ワット数がとても多いことと、本当にクリーンなアンプが欲しかったからです。 私はヘッドルームに余裕のあるアンプが欲しいので、どんどん音を上げても、圧縮された天井にぶつかることはありません。

ジェレミー・プリチャード (ベース)

だから、AD200ヘッドと8×10キャビネットを使い、ペダルボードはそこに直接繋いでいる。 私はいつも、非常に高品質でシンプルな部品で構成されたアンプを好んで使っています。 私は、このブランドのヘリテージもずっと好きでした。

キャビネットのデザインやヘッドのデザインなど、実際の見た目がとても特徴的なので、誰かがOrangeプレイしているのを見ると、いつも「あ、この人だ」と分かるんです。 SUNN O)))やSleepといったヘビーなストーナー・ドゥーム・バンドをよく見に行ったんですが、彼らはいつもステージ上にとても個性的なキャビネットとヘッドを持っていたんです。 そして、私が本当に好きだった、そして今でもOrange愛用しているバンドの多くも。

それに、僕らの仲間であるFoalsはとてもフェリアスなライブサウンドを持っていて、Walterはいつも8X10を使っていたし、Jimmyのギターリグは全てOrangeなんだ。 10代の頃、Orangeクラシックなルックをしたノエル・ギャラガーを見たときも、本当に印象に残っています。

ライフジャケットを装着して、一生に一度の釣りの旅に出かけましょう。 リチャード・ターナー(ブラックベリースモーク)が、最大の魚である伝説の魚 “アオリイカ “を釣り上げました。 Orangeアンプテラー
ベース
!

この有名なベーシストは、最新作の’
ルアー&セイヴァー
伝説の復刻版「Terror」を手に入れるというダーティなミッションに挑む冒険。
ベース
. 世界で最も魅力的な釣り場のひとつを舞台に、Orange最高の機材を使って、この勇敢な挑戦が繰り広げられます。
ベース
エキスパートが巻き取る、驚異のキャッチ ブレント・ハインズ(Mastodon)も得意のTerrorアンプを携えて深海から登場。

これこそ、リチャードとブレントが楽しんでいる釣りだ。最高のタックルでたくさんのバイトを出す。 求められる釣りのヒントを得るために Terror Bassを使って OBC112として、完璧なルアーゴーイングを実現します。

Orange創業者でありCEOのクリフ・クーパーが、自己紹介と挨拶のために2時間の旅に出たライブ、ロンドン・イズリントン集合公演の前に、マーカス・キングについて社内でいろいろ囁かれていましたし、インタビュー前に世界中のさまざまな同僚から数えきれないほどの電話やメッセージ、電子メールが届き、私に なんてこったい! この22歳の天才ギタリストは、音楽の未来のために、そして、もし私が良い印象を与えなければ、ノルウェー行きの最初のフライトで帰国させる(実際はそうではないが…)ということで、無理はしないようにと。インタビューでは、カリスマ的なフロントマンに対する彼の愛情や、彼が3歳のときにギターを始めたこと、そして私自身がまだ髪を伸ばそうとしていた年齢であることなどがわかりました。さて、話を元に戻すと、皆さん、マーカス・キングはとても賢い。

22歳でこのような音楽を演奏し、しかも上手に演奏している人を見ると、未来の世代に希望が持てると思います。 演奏を始めたのは若い頃だと思いますが、どのくらい若いのか聞いてもいいですか?
マーカス・キング
3、4歳くらいから弾き始めて、11歳くらいからプロとして活動しているんです。

お父様が同じブルースマンのマーヴィン・キングということで、ブルースの強いバックグラウンドを持っているため、音楽は自然に育ってきたのでしょうね。 ソウル、ファンク、そしてラテンのグルーヴの要素が強く感じられますが、幼少期はどのような音楽を聴いて育ったのでしょうか?
マーカス・キング
若い頃からクラプトン、ヘンドリックス、スティービー・レイ・ヴォーンなどのギタリストに影響を受け、またオールマン・ブラザーズ・バンドやマーシャル・タッカー・バンドなど、南部の素晴らしいバンドにも早くから注目をしていました。 その後、ジェームス・ブラウン、オーティス・レディング、アレサ・フランクリンなど、”フロントマン “と呼ばれるアーティストに興味を抱くようになりました。 マイルス・デイヴィスやジョン・コルトレーンに出会ったことは、私にとって人生を変えるものでした。

今夜はマーカス・キング・バンドというバンドを従えていますが、音楽制作はどのように行っているのですか?
マーカス・キング ほとんどの曲は私が書いて、バンドに持ち込んで、彼らの味を加えてもらう。それがマーカス・キング・バンドの曲を作ることになる。 ご存じない方のために、マーカス・キングバンドは

ドラムス ジャック・ライアン – 在籍6年
トランペットジャスティン・ジョンソン(在籍5年
ベース: Stephen Campbell(バンド歴4年)AD200使用。
サックス ディーン・ミッチェル(在籍4年
鍵のことDeshawn “D-Vibes” Alexander – 入団1年目

さて、創業者のクリフ・クーパーを前にして、今回のツアーでOrangeどうだったのか、お聞かせください。
Orange魅力は、その信頼性の高さです。 しかも、箱から出してすぐに演奏できるんですよ。今夜はOrangeヘッドで一番好きなRockerverb50と4×12キャビネットを用意しました。私はずっとリバーブ派だったので、ナッシュビルにいるOrangePat FoleyからRockerverb紹介されたとき、その魅力に取り付かれました。パットは素晴らしい人で、私の父とも親しい友人になっています。

写真提供:TLBrooker Imagery

気温32度という猛暑の中、ブリクストン・アカデミーに向かい、グー・グー・ドールズとの共演を控えたザ・クロサーツのフロントマン、マレー・マクラウドに話を聞いた。

子供の頃から音楽に親しんでいたのでしょうか?
マレー両親も姉も音楽にとても熱心でした。 父は特にロックンロールの歴史に精通していて、職業や仕事としてではなく、私が覚えている限り、日付、レコード会社、リリース、バンドメンバー、ツアーについて、いつも百科全書的な知識を持っていました。その日、どこにいたのか、車に座って姉を待っているところ、BBCでビートルズのライブを聴かせてくれたんです。私は6歳か7歳くらいだったと思いますが、本当に幼かった。

お父さんに音楽の道に進まれた後、最初に自分で見つけたバンドはどんなものだったのでしょうか?
マレー年齢が上がるにつれて、自分なりの音楽の見つけ方をするようになり、ニルヴァーナに出会いました。彼らのアンプラグド・セッションが、実は私が曲を書き始めるきっかけとなったのですが、それは非現実的なことだったのです。 家にはスパニッシュ・ギターがあったから、ニルヴァーナみたいな曲を作ろうとして、結局ひどいものになっちゃったんだ。 カート・コバーンも、神話に彩られたような美しく複雑な人物で、まるで天から降ってきたかのように、とても魅力的だったんです。 同じ頃、マリリン・マンソンにもはまりました。カート・コバーンとは正反対ですが、同時にとても魅力的な存在でした。 また、音楽の道に進むよう背中を押し続けてくれた両親に感謝するばかりです。

また、2000年代前半のブリンク182、オフスプリング、ニュー・ファウンド・グローリーなどのポップ・パンクの爆発的なヒットも挙げなければなりませんね。

さて、本題のOrangeですが、ブランドとの歴史や経験はどのようなものですか? 初めてOrange演奏している人を見たときのことを憶えていますか?
マレー初めて「Orangeやらなきゃ!」と思ったのは、2009年にケージ・ザ・エレファントのオープニングをやったときで、このときはまだレコードも出していなかったし、彼らが爆発的に売れる前だった。 私がライブで使っていたアンプは覚えていないのですが、彼らはOrange、信じられないほど良い音でした。そのトーンに完全に圧倒され、Orangeアンプに使われている木材は、私が使っていたアンプよりずっと太く、頑丈なことに気づきました。 でも、ずっと買えなかったし、会社にも貸与できるほど大きくなかった。

結局、どのような経緯で演じることになったのですか?
マレー
マネージャーのダン・ヒップグレイブ(トップローダーのギタリスト)が4×12キャビネットを売っていて、それを試したら手に入れることになったんだ。 当時は別のヘッドを使っていたのですが、やはりこのキャビネットの音はとても良いですね。 結局、AD30みたのですが、とてもいい音で、まったくもって完璧でした。このキャビネットとヘッドがあれば十分でした。 Orangeフル装備を1年ほど使っていますが、とにかく素晴らしい音です。

Orange皆さんが来てくれるのは嬉しいですね!今まで本当にお礼が言えなかったので、ありがとうございました。

こんにちは、Milk TeethのBeckyです。私はベースと歌を担当しています。

ヘビーフェスにはよく行っていましたよ。 私はいつもギアが好きで、そのクラシックな外観が好きです。Orange、1マイル離れていてもわかりますし、観客の後ろに立っていても、キャブがわかります。

基本を押さえたものがいい。音色がいいんですね、音色は本当に大事です。 ちゃんとした仕事ではありますが、同時に、サウンドを変えたりできるような汎用性も欲しいところです。 私は低音重視で、高音は少し、パンチのあるものが好きなんだ。

今の機材はOrangeOB1ヘッドで、8×10キャビネットを持ってるんだけど、これがすごいんだ!自分の体重より重いんだけどね。 私はRATペダルからほとんどのゲインを得ることが多いので、あまりゲインは使っていません。 私はクリーンとして使うことが多いのですが、先ほど言ったように低音がとても高いので、深くて低音のあるサウンドが好きなんです。 中音は11時の方向、高音は以前は上げていたのですが、今は少し下げています。 10時の方向ですが、このままでもいい音だと思います。

次のアンプはAD200欲しいと思っているんだ。 でも、この金額でOB1シリーズは素晴らしいと思います。同じように、実際よりずっと高く聞こえます。

Orange私をロースターの一員として迎えてくれたことは、本当に素晴らしいことです。 ベースが弾ける女の子を信頼してくれる人がいるというのは、本当に素晴らしいことだと思います。 今、グッド・シャーロットと一緒に出ているんだけど、彼らもOrange演奏しているんだ。 だからカッコいい!お揃いです。

 

最近、シングル「Dropout」をリリースされましたが、この曲について少しお聞かせください。
Adult Swimから、彼らのシングル・シリーズに曲を提供したいという話があり、私たちは皆、ASの長年のファンなので、本当に断ることができませんでした。 これまでPallbearerはアルバム中心のバンドでしたが、今回はフルアルバムの枠に収まらない作品に取り組むことができ、ある意味解放された気分でしたね。 Dropoutは、私たちの他の作品と比べると、かなり短期間で作曲、録音、ミキシングが行われましたが、その結果には本当に満足しています。

シカゴのボヘミアン国立墓地でライブ録音をされたそうですが、その時の様子や経緯はいかがでしたか?
最初はリトルロックのフェローシップ・ホール・サウンドで録音したのですが、シカゴでのショーの後に何かコラボレーションをしたいとAudiotreeから連絡がありました。 いつものように、前夜は旧友たちと盛大に祝杯をあげたので、午前10時にこの古いポーランドの墓地で2曲のライブ録音という仕事をしたときは、明らかに重い雰囲気に包まれていた。 結局、コーヒーと、その日の朝、墓地に流れていたものの助けを借りて、成功させた。 これまで演奏してきた場所の中でも、特に面白い場所なので、声をかけてもらえたことに感謝しています。

ご自身の音楽的背景、以前、そして現在影響を受けているものを教えてください。
私が初めて好きになったバンドはニルヴァーナでした。 カートがビートルズとブラック・サバスの両方を好きだったことを、初期の頃に読んだ記憶があります。 それで調べてみたら、結局、両方に感心していたんです。 この頃、初めてギターを手にしたのですが、それからは怒涛の展開でした。 ここ数年、60年代、70年代のジャズやカントリーのレコードを聴いていることが多いですね。 その時代のプログレもたくさん入っていますよ。 私は過去にとらわれることもなく、現在の音楽にも素晴らしいものがたくさんあると信じていますが、同時に、昔のコルトレーンやマイルスのレコードに勝つことは事実上不可能です。

Orange歴史と経験を教えてください。
初めて見た時にOrangeアンプが欲しくなりました。 トニー・アイオミがサバスの古いビデオでスタックを弾いているのを見て、すぐに惹きつけられたのを覚えています。 それから何年も経ってから、ようやく実際に使ってみて、惚れ込んでしまったんです。 あらゆるアンプを試しましたが、クランクしたOrange痒いところに手が届くアンプはないと実感しています。 私はクリーンも大好物で、特にRockerverbMKIIのクリーンには目がありません。 スタジオでもライブでも、Orangeあれば、私がアンプに求めている最高のトーンの基盤が得られると思うんです。 私は臆面もないファンボーイです。

現在のセットアップは?
現在、MKIIとMKIIIのRockerverb同時にpc412とpc212を通して動かしています。 これによって、2つの異なるアンプの音色をブレンドすることができ、私の耳には、充実した面白いサウンドを得るための最良の方法だと映っています。 本当に必要な音量はすべて揃っていますし、このセットアップをしばらく使っています。 Orange戦車のように頑丈にできていて、絶対的な働き者なのです。

Photo by Johnny Hubbard via ESP guitars.

 

毎年クリスマスには「Wish Granted」というコンペティションがあり、Orangeファンが夢のギアを手に入れることができます。Orangeハンドワイヤリング・カスタムショップのものは弾く機会がないのですが、きっとすごいんだろうなと思うので、その中の1本で勝負します。 OR50とか、昔のOR80をベースにしたものがいいかもしれませんね。