, ,

2010年 -Orangeグローバル

ORANGE UK
2009年、Orangeイギリスのハートフォードシャー州ボアハムウッドにある、より大規模な施設とオフィスコンプレックスに本社を移転しました。

Custom Shop本拠地であり、Tiny TerrorアンプやIsobaricベースキャビネットの設計を開拓・開発した場所でもあります。 トランスの設計や、波形や音の伝搬を研究する専門学科も別にある。 OPCミュージシャンというパーソナルコンピューターもここで開発され、生産まで研究された。

オレンジチャイナ
2006年、生産の一部を中国本土に移したことは、Orange正しい選択であったことが証明された。この事実は、Crushタイニーテラーシリーズの驚くべき成功によって浮き彫りになった。 厳しい品質管理と優れた製品管理により、ソリッドステートアンプやバルブアンプを中国で製造し、見事な製品に仕上げることができることを示したのです。

2010年後半、Orange大規模な投資を行い、上海近郊の浙江省嘉善市に素晴らしい新社屋と製造施設を購入しました。 定期的な経営陣の訪問以外にも、海外スタッフの多くはマルチリンガルであり、インスタントメッセージやビデオ会議を通じて連絡を取り合っています。

ORANGE USA

ORANGE USAは、過去10年間で大企業に成長し、Orangeグローバルな事業運営に重要な役割を果たしています。 現在、高品質のOrange製品の一部は米国でも生産されており、優秀な若手社員が会社を発展させるために献身的に働いています。

左から2010年10月、中国のオフィスと製造施設のオープンを祝うリム氏、クリフ・クーパー氏、デイモン・ウォーラー氏、ルーク・ゾリンジャー氏。