,

1970年 すべては闘いだった!

クリフ・クーパー – 創業者兼CEO

Orangeショップに税関の検査官が来たのも、同業者が仕組んだことだと思っています。 大手のディストリビューターが供給してくれない中、店は本当によくやっていた。 中古のギターは、販売価格が新品の価格を上回ることもあるほど、需要があった。 そのため、新品の楽器を売る店には迷惑をかけ、「汚い手」を使ったのだろう。

突然のことで、何が起こっているのかわからないまま、税関が店内に突入してきました。 店内にある中古の米国製ギターの輸入税が支払われていることを証明する書類を見せろというのである。

しかし、中古ギターの輸入税が支払われていることを証明することは不可能だったのです。 イギリスの代理店に問い合わせたところ、シリアルナンバーの記録はしていないと否定され、信じられませんでした。 このシリアルナンバーがあれば、ギターを追跡し、関税が支払われていることを証明することができる。

税関の係官は、私たちの書類をすべて黒い袋に入れ、縛って鉛のシールを貼り、持ち去った。 今にして思えば、あまりに常軌を逸した行為で、まるで麻薬の摘発のようなものだった。 Orangeショップの運営はすべて順調でしたが、それでも無期限の閉店を余儀なくされるところでした。 店内にある米国製のギターやアンプをすべて押収され、全在庫の約95%を占めてしまったのだ。

数ヵ月後、税関の担当者がギターを入札で売りに出しました。私はギターの一部を買い戻すことができたが、彼らはわざと安い値段で買わせたのだ。なぜこんなことをしたかというと、入札部門の税関職員の1人が、この急襲は決して起こってはならないことで、それは私たちのディストリビューターの1人からの手紙の結果だと言ったからです…それが誰かはわかっているつもりです。このような挫折を味わったにもかかわらず、忠実で理解あるスタッフが、1ヵ月間給料を半額にして働いてくれたおかげで、私たちは大いに助かりました。その結果、店を維持することができ、すぐに全額を返済することができました」。

ジョン・ベイツ氏 -Orangeショップ店長と受付嬢のドーンさん

ヴェロニカ・ウォーターズ -Orangeショップでのクリフの助手であり、Orangeショップ2号店の店長でもある彼が、税関の突撃取材を受ける。

南京錠でドアを閉められ、占拠された。 彼らは、マネージャーのジョン・ベイツ([pictured above] )を小さな事務所に呼んで、狂ったようにしつこく迫ってきた。 彼らは、私たちが極めて不正なことをしたと思い込んでいたのです。 つまり、全く無実なのに、犯罪者のように焼かれる哀れなジョンがいたのです。 私は緊張をほぐすために、何度も中に入り、お茶やコーヒーを差し入れました。 後日、他の楽器店の店主たちが、何やら訳知り顔をしていたのを覚えている。 カルテルを結んで値下げをしないことで、長い間、楽をしていたのだ。 Orangeショップは、いつも本当にいい雰囲気でした。 Orangeショップを見ようと、遠くからも人が集まりました。

ヴェロニカ・ウォーターズ

Orangeショップフロント