, ,

レコード・ストア・デイ特集。ファイヤーフェンス

多くのものがデジタル化された現代において、CDが登場した90年代初頭に没落したレコードが復活しつつあることに、私たちは純粋な喜びと興奮を感じています。 レコード店は活況を呈しており、実際にレコード店を開いて生き残るのは経済的に可能なのです なんという時代だろう、ねぇ?

最近ロンドンに行った際、昨年のFirestone Battle of the Bandsの優勝者であるウェールズのバンドFire Fencesの4分の3をソーホーのBerwick Streetで会いました。この通りには、Reckless RecordsとSister Ray recordsが数秒の間隔で並んでいます。 なぜ? 彼らの音楽鑑賞、そしてレコードへの愛情を知るために。 ショップに放つと、彼らは選択肢に圧倒されます。

「ブリジェンドには、こういう場所がないんです。 HMVはあるけど、Sister Rayのような選択肢の多さや、Reckless Recordsのような高品質な中古レコードがバーゲン価格で手に入るところはない!”と。

その中から、自分の音楽の好みを形成し、ミュージシャンとしてのインスピレーションを与えてくれたアルバムを数枚選んでもらうのです。

ジェームズ

マイルス・デイビス「カインド・オブ・ブルー」 – 発売。1959
私の家族にはジャズを見せてくれる人がいなかったので、他の人の意見に左右されることなく、自分自身でジャズを探求する旅に出ることができたのは、とてもよかったと思います。 マイルス・デイビスは、私にとって新しい音楽の世界への入り口であり、言葉を発することなく、信じられないほど表現力豊かな音楽でした。 楽器を演奏するだけで、これほどまでに自分を表現できる人がいるということが、私にはとても印象的でした。 ジョン・コルトレーンも参加しているこのアルバム「カインド・オブ・ブルー」はすごいですよ。 いつでも装着して、リラックスして、そのまま楽しむことができます。


Freewhelin’ Bob Dylan – リリースされました。1963
幼い頃、父がギターを弾いていて、いつも家の中でストーンズやディランなどの音楽を流していたのですが、その中でも特に印象に残っているのがこのレコード、「The Freewheelin’ Bob Dylan」でした。 本当に素晴らしいレコードで、リリースされた当時を完全に反映しています。 ディラン自身はとにかくマジカルで、子供の頃からずっと好きでしたが、大人になった今、より一層彼の良さがわかりました。 このレコードも、子供の頃、父がかけていた懐かしい感じがする。 このレコードは、ディランが本当に自分の足跡を残し、人々に彼の本質を理解させたレコードだと思う。 個人的には、これは彼のベスト盤であり、当時の文化をよく表していると思う。 Masters of War」は、怒りに満ちていると同時に、非常に素晴らしいソングライティングで、まさに別次元の作品です。

アーロン
The Strokes ‘Is This It’ – Release: 2001
The Strokesがこのアルバムをリリースしたとき、車輪を再発明したわけではないが、彼らはそれを本当にうまくやった。このアルバムには素晴らしい曲があり、それ自体が本当にうまく機能している。 特にファーストアルバムの「Is This It」は素晴らしい出来で、収録されている全てのシングルが大ヒットしています。 彼らの曲は聴きやすいと同時に、驚くほどよく構成されています。 新しいことをやっていないにもかかわらず、うまくやったから画期的だったというのが、とにかくいいんです。 このアルバムは、昨日発売されても、同じように大きくなっていたはずです。

U2「The Joshua Tree」 – 発売。1987
昨年、彼らの地元で行われた「ヨシュア・ツリー・ツアー」を観に行ったのですが、本当に最高でした。 このアルバムは、それまであまり使われていなかったギターのエフェクトを使って、まさに時代を先取りしていたと思います。 私が一番嫌いな曲は「With or Without you」で、この曲だけは誰もが知っている曲になりがちですが、それ以外の曲はとても素晴らしいです。 これらの曲はすべて今日にかなり関連しているため、もう一つのタイムレスなアルバムです。

ウィル
Mac DeMarco ‘Another One’ – Released: 2015
今日の多くの音楽は非常にオーバープロデュースで、最終的な結果をあまり考慮せずに、できる限り早くものを出したいと考える人々の産物であることが多いように感じます。 そして、このようなレコードは、特にその背後にあるソングライティングに多くの時間が費やされていることがわかりますが、それは今日新しくリリースされた音楽ではあまり見られません。 音楽でそのような深い意味を見出すには、70年代までさかのぼらなければならないことが多いのです。 この曲は、忙しくて長い一日を過ごした後、本当に心が落ち着くような曲です。

ブラック・サバス「マスターズ・オブ・リアリティ」 – 発売。1971年
このレコードは、ブラック・サバスなので、かなり明白なようです。 Vol.と迷いました。 4」と「Masters of Reality」ですが、曲のバリエーションから「Masters of Reality」を選びました。「Sweet Leaf」でスローながらもヘビーに始まり、その数曲後にはなぜか「Children of the Grave」があり、まさにメンタルで完全に離陸しています。 実はこのレコードも、私のサバス・コレクションに欠けていたもので、弟と私の間で、今ではVol.1を除いて全部持っているのですが、結局買いました。 4、次はこれかな。

ノエル・ギャラガーがかつてローディを務めていたバンド、インスパイラル・カーペッツのEPです。 ノエル・ギャラガーとオアシスは、僕自身や僕の音楽に大きな影響を与えてきた。だから、その背景を知ることは興味深いし、ノエル・ギャラガーがオアシス時代以前に聴いていたものを聞くこともできる。


「デジタル音楽は、レコードのようにリアルに感じられないんだ。レコードをターンテーブルに乗せ、慎重に針を落として再生されるのを待ち、アートワークを手に取り、そこに費やされたすべての時間、仕事、愛に感嘆する何かがあるのです。”
– ファイヤーフェンスのドラマー、ジェームス・リー