, ,

バトル・オブ・ザ・バンド優勝は…

今年のFirestone Battle of the Bandsでは、300組以上のアーティストが優勝を目指し、新設されたBIMM Birminghamで行われた決勝戦に残ったのは上位3組に絞られました。 ウェールズのポップロックバンドFire Fencesは、LAの伝説的なThe Viper Roomでソールドアウト公演を行い、NASCAR Heat IIのビデオゲームに楽曲が採用されるなど、その年齢にもかかわらず、最終選考に残っている。

ペンキが塗られたばかりのBIMMに到着すると、すべての出演者がサウンドチェック、ドレスリハーサル、そして世界が注目するライブ配信で輝く時を辛抱強く待っているところでした。 私は、バンドに混じって、彼らの体調や、ファイナルに向けてどのように準備してきたかを確認するために、話をする。

ツンドラの修道女たち

曲をもっと面白くする方法を考え、そのうちの1曲を大きく変えて、重厚でドラマチックなエンディングにしました。 また、昨夜はほとんどリハーサルのようなギグを行い、みんなに気に入ったところはもちろん、改善すべき点、もっとうまくできる点など、フィードバックを求めました。 多才ぶりを発揮するために、まったく異なる2曲も演奏する予定です。 決勝戦に向けて取り組んできましたが、新しい曲を書いたり、いろいろなプロデューサーに話を聞いたりしている最中なので、優勝してもしなくても、またスタジオに戻ることになると思います。

エル・エムシー

プレイするのがとても楽しみです。 もっと緊張するかと思っていたし、去年もそうだっただろうけど、かなりリラックスしている。 初めてコンペに参加した時は、そこまで考えていなかったんです。 バトル・オブ・ザ・バンド」なので、返事が来るとは思っていなかったのですが、私はバンドではないので、突然「通過しました」というメールを受け取ったときは驚きましたね。 正直言って、かなり頭にきます。 もちろん、ラッパーである私がギターベースの2つのバンドと競演するのですから、違った雰囲気で臨むことになります。 私は4年ほど前から真剣に音楽を作っていて、その前の8年間は歌詞や詩を少しずつ書いていました。

 

ファイヤーフェンス

今夜は興奮気味で、たとえ上位に食い込めなかったとしても、これまで私たちに起こった素晴らしい出来事のリストに、またひとつエキサイティングなことが加わったという感じです。 数年前、幸運にもアメリカでレコーディングをすることができ、LAのThe Viper Roomでソールドアウトのライブをすることができたんだ。 当時、私たちは21歳未満で、お酒を飲むことも、会場に入ることもできない年齢だったので、誰かが来て演奏の時間だと言うまで、文字通り外の歩道に楽器を持って立っていたんです。 設営して、幕が開くと、そこはもう超満員。 その経験から、私たちは多くのことを学んだと感じています。 私たちは本当にライブが大好きで、それが私たちの強みだと感じています。 今夜は他のライブと同じように、行って、演奏して、楽しもうと思っています。 すべてのバンドがそれぞれ違っていて、素晴らしい決勝戦に参加できるのは嬉しいことです。 コンペティションに応募した後のフィードバックも、とても素晴らしいものでした。 私たちの音楽をじっくりと聴き、分析してくれていることが伝わってきました。


やがて、ドレスリハーサルが始まり、これから起こることをひと通り説明します。 BBC Radio 1のAbbie McCarthyが司会を務め、OrangeヨーロッパA&R担当Daniel Darbyを含む審査員へのインタビューからスタートしました。 演奏の前に一般投票で使用された各バンドのビデオが上映され、全員が2曲ずつ演奏した後、アビーとホットシートで演奏とコンテストについての感想を述べます。 ほどなくして、家族や友人も到着し、緊張と興奮の中、本番までのカウントダウンが始まります。

午後6時ちょうどにすべてが始まり、最初に登場するのは、この夜最もヘビーなアクト、Nuns of the Tundraです。 ベースを基調とした「Dead in the Desert」から始まり、「Minds’s Eye」はこの日のために作り直し、ドラマチックなエンディングを迎えた。 2番目に登場したEL-Emceeは、カメラや観客と対話しながら、素晴らしい作曲技術を披露する、自然なエンターテイナーです。 最後に、Welsh Fire Fencesは、見たところ、おそらくこの中では一番若い。 アビー・マッカーシーが「アンセム」と表現した2曲は、ラウドで誇らしげに始まり、2曲目ではメローになる。

どのアクトも実力があるだけに、審査員は厳しい判断を迫られることになる。 出場者にとっては数ヶ月にも感じられる数分間が過ぎ、ついに今年のFirestone Battle of the Bandsの優勝者がFire Fencesであることを発表することができました。

優勝の栄光に浸りながら、準優勝のNuns of the Tundraは、まだまだ元気で新しいレコーディングに挑戦する気満々、EL-Emceeは、これからも作曲と制作を続け、いつでもどこでも演奏できると話してくれました。 みんなの注目の的だったファイヤーフェンスの一部をついに手に入れることができた彼らは、この結果に満足することなく、新曲のレコーディングのためにスタジオに向かう。 受賞者の方々の今後の活躍にご期待ください。