, , ,

カントリーの声

先月の黒鹿祭りを終えたばかりで、すっかりカントリーモードになっています。 7月は「ボイス・オブ・カントリー」です。以下、私たちが誇る4人の素晴らしいカントリーアーティストをご紹介します。

ブラックベリースモーク、リチャード・ターナー

OBC8108x10
Terror Bass


Blackberry Smokeは、ほとんどの時間を絶え間なくツアーに費やしているため、おそらく最もハードワーキングなバンドの1つだろう。 ベーシストのRichard turnerはOrange熱心なアーティストで、当時アメリカでこのアンプを手に入れるのがかなり困難だったBlack Sabbathが使っているのを見て、初めてこのアンプに目をつけたそうです。 数年後、ブラックベリー・スモークはNAMMで行われたOrange40周年記念パーティに出演することになり、リチャードはOrangeフルバックラインを通して演奏しました。 もちろん、彼がそれを気に入って、家に持ち帰ったのは言うまでもない。

キャデラック・スリー, ケルビー・レイ

Crushベース100
OB1-300
PPC4124x12
AD200MK3ヘッド
OBC8108x10
AD30ヘッド

The Cadillac ThreeのKelby Rayも、この鮮やかな色のアンプを気に入ったカントリー・アーティストで、彼のベースとラップ・スティールに使用しています。 Kelbyはアンプを探すとき、ボタンやノブに煩わされることなく、簡単に使えるものを求めています。 “接続すると、とても使いやすく、たくさんのツマミがあるわけでもなく、ただただ素晴らしい音だったんです。私は、機能的で、あまり慌てず、騒がず、ただロックンロールなものが欲しいのです。Orangeそのすべてを兼ね備えているから、僕はずっとオレンジに惹かれてきたんだ。

レイリン・ネルソン・バンド、レイリン・ネルソン

ロッカー15

ゴスペルやカントリーを聴いて育ち、10代で祖父からギターを贈られる。 彼女の祖父は伝説的なカントリーミュージシャンのウィリー・ネルソンで、言うまでもなく音楽一家である。 Raelyn Nelson Bandでは、Rocker 15とウクレレを組み合わせて演奏しています。

ボブ・ウィアー

ロッカー15

ギタリストのボブ・ウィアー(元グレイトフル・デッド)も「Voice of Clean」で紹介されています。グレイトフル・デッドのカントリーソングを数多く手がけ、ソロ活動でもカントリー界で確固たる地位を築いた彼は、今月の「Voice of Country」でも言及する価値があると思いますし、彼のロッカー15について次のように語っています。 「アコースティック楽器と一緒にエレクトリックを演奏するような、小音量で楽しい、実に柔軟な小型アンプ……」。